三次元測定機・測定組立治具・真直度測定機・3Dスキャナー・除振装置・校正用基準機のご相談はメトロテックへ
お知らせ一覧地図・アクセス

株式会社メトロテック

電話

お気軽にお問合せください

046-206-0011


お悩み解決事例

  • HOME
  • » お悩み解決事例 » スクリューロータ・ブレード等の測定点群データを外部ソフトへ移管して処理していた。移管せず評価できないか?

スクリューロータ・ブレード等の測定点群データを外部ソフトへ移管して処理していた。移管せず評価できないか?

問題点

スクリューロータ・ブレード等の形状評価をするために、三次元測定機にて形状を測定し、測定した点群データを外部ソフトに移管して評価を行っていた。
手間が掛かる上、データの移管ミス等が発生する事もあったため、1つのアプリケーソンで測定評価を行えないかとのご相談をいただいた。

解決法

Quindosをお勧めし、測定・評価データの移管をする必要が無くなり、ミスなく作業を効率的に行えるようになった。


PAGETOP

Copyright(C) Metrotec Corporation. All Rights Reserved.